MAINTENANCE

HOW TO CARE

人や植物が生きていくのに食事やお世話が必要なように、無垢材を使用した家具も
手入れをしながら使うことで、50年後も100年後もちゃんと使うことができます。
手に触れたりして使えば使うほど、そして時間が経てば経つほど
人工的には出せない良い風合いが出てきます。
皆様に、NEUTRAL FURNUTURE AND SUPPLY CO.の家具を末永く使って頂きたいと思っていますので、
下記の点にご注意いただき、こまめなメンテナンスをしていただけたら幸いです。

CAUTION 木は人間と同じように、空気や水分を吸って吐いて呼吸しています。温度や湿度による水分量の変化が割れや反りの原因になります。割れ・反りを避けるためにこのようなことに注意してください。
  • 過度に乾燥する(エアコンの風が直接あたる、蓄暖の側など)場所は避けましょう。
  • 過度な湿気(冷暖房器具・加湿器が直接あたる等)のある場所も避けましょう。
  • 熱を持ったものを直に置くのことは避けましょう。
  • 長時間、直射日光のあたる場所に置くことは避けましょう。
CAUTION 濡れたものを直接置かないようにしましょう。置く場合は、なるべく速やかに水分を拭き取るようにしましょう。シミになりやすいです。(オイル塗装の場合)

お客様ご自身で修復する方法としては、サンドペーパーでやすってカンナがけをした後にオイルを塗ります。(自己責任の上で慎重に行ってください)。但し、やする加減が難しく、美しい仕上がりにすることはなかなか難しいものです。あまり気になるようでしたら一旦お引き取りをして、有償にてお直しを承ることも出来ますので、一度ご相談ください。

CAUTION 乾燥する季節には、割れ、反りを防ぐために、たまにオイルを塗って栄養をあげましょう。保湿することで、家具が喜びます。

当店にも取扱いがございます。下記の手順で、ぜひお試しください。

関連商品

家具用オイル

家具用オリジナルメンテナンスオイル
¥1,000 +tax
商品ページはこちら

オイルメンテナンスのやり方

  1. 表面のごみや埃など汚れを取り除く。
  2. 輪染みや傷がある場合は、サンドペーパーを使用し木目に沿って研磨する。研磨後は水を含ませ硬く絞った布で木くずを取り除く。
  3. ウエス(要らなくなった布、ボロぎれ)にオイルを含ませ、木目に沿って塗りこむ。
  4. 別のウエスで余分なオイルを拭き取るように乾拭きする。
  5. 3時間程度乾燥させる。
ページのTOPへ戻る